柔道上達プログラムのDVD

おはようございます、柔道家の弘隆です。お盆休みも明日で終わりでしょうか。あるいは、ズラしてお休みを取っている人もいるかもしれませんね。僕は早く柔道の稽古がしたくて、身体がウズウズしています。前回の記事では、固技が苦手という話をしたのですが、覚えていますでしょうか。固技の練習メニューや柔道に必要な体造りを学ぼうと、インターネットで調べごとをしていたのですが、柔道上達プログラムという教材があるのですね。柔道や弓道のような武道は、教本ばかりと思っていたのですが、僕の思い込みだったようです。ゴルフのDVD教材などは、本屋さんで見たことがあるのですが、競技人口が多いからかなと思いました。柔道上達プログラムは、岡田弘隆という筑波大学柔道部で指導をしている方が解説しているDVD教材なのです。筑波大学の柔道部といえば、強いことで有名ですよね。岡田弘隆もバルセロナオリンピックでは、銅メダルを獲得しています。また、柔道の指導実績もすごくて、金メダルをとった内柴正人や鈴木桂治、石井慧、野村忠宏などの選手に、岡田弘隆は日本代表コーチとして、柔道の指導をしているのです。そのような指導実績の持ち主である岡田監督の稽古法や上達法が一般の柔道家が学べるのは、柔道上達プログラムぐらいではないでしょうか。僕が筑波大学の柔道部に所属していたり、オリンピック柔道の強化選手であれば、教えてもらえるかもしれませんが、僕のようなに趣味程度で柔道をやっている人には、教わる機会すらないでしょう。それぐらい貴重なDVD教材だということです。僕が苦手な固め技の稽古法や練習メニューも収録されています。固め技に持ち込むための崩し方が、背後や真横、相手の頭上の3つのポイントから解説されているようです。また、返し技などの発展的な技術も学べるということで、既に柔道が上手くなったような気持ちにすらなります。連続技のバリエーションや崩しの選択肢が増えれば、いまよりも有利に試合展開が運べそうです。そして、柔道上達プログラムのサイトには、身体の大きさや才能、柔道のセンスは上達とは関係ないと書いてあります。僕でも練習すれば、もっと強くなれるということですね。読者の皆さんも、試合で勝てない、柔道の上達が伸び悩んでいたり、苦手な技や弱点克服のために、岡田弘隆の柔道上達プログラムを検討してみるといいでしょう。きっと、いまよりも強くなれると思います。

苦手な柔道の技を克服したい

こんばんは、柔道家の弘隆です。今宵も柔道一直線を更新してみます。連休で時間があるので、ブログを書く余裕も生まれてきます。柔道の練習はお休みなので、柔道についての知識面の強化であったり、情報収集に力を入れてみたいのです。それで、今日のテーマは苦手な柔道の技を克服するということを中心に記事を書いてみようと思うのです。柔道家の僕にも得意な技と苦手な技があります。例えば、投技の中で手技には、背負投や小内返、帯取返、双手刈などがあります。腰技には、腰車や釣込腰、跳腰、後腰などがあります。足技には、大外刈や小内刈、大外落、燕返などの技があります。オリンピックの試合でも、大外刈が決め手だったりすることがあるので、聞いたことがある人も多いと思います。他にも、真捨身技や横捨身技、固技があります。柔道の技には種類がたくさんあります。前回の記事で紹介した柔道チャンネルや講道館のサイトで柔道技の種類を調べることができます。覚えるのは大変ですが、柔道初心者は、一つずつ習得していくしかないです。僕は体格が細身なほうなので、筋力が弱く、固技が苦手です。筋トレをして筋力アップや体格を良くしようと努力はしていますが、なかなか固技が得意にはならないものです。ただ、体が小さくても、固技が得意な柔道家もいるので、体格がすべてではないことが分かります。やはり、効果的な固技の練習メニューや稽古メニューが必要なのでしょうね。なんとか解決法を見つけないといけません。

柔道チャンネルの動画

こんばんは、柔道家の弘隆です。前回は柔道一直線について書きましたが、気になっている人が多いようです。僕が思ったよりも、柔道一直線という単語でネット検索している人がいるのですね。さて、お盆休みということで、道場も休みです。柔道の稽古もお休みです。本音を言わせてもらえば、練習を積むことができる機会なので、積極的に道場に通い、柔道の稽古をしたいところですが、大型連休であるので仕方がないですね。ということで、自宅で筋トレでもして、ウエイトアップに励んでいます。僕は痩せ型なので、筋肉をつけて、体重を増やすようにしています。柔道には体重別で階級がありますが、僕はもう少し重くても同じ階級のまま試合に出れるのです。筋力トレーニングのあとは、暇なので、柔道チャンネルの動画を見ています。柔道チャンネルとは、全日本柔道連盟のパートナーである東建コーポレーションが運営している柔道専門サイトです。柔道をやっている人なら、誰でも知っているような有名なサイトです。いろいろな情報が手に入るので、柔道初心者にはおすすめです。柔道大会の動画や柔道技の動画などがあり参考になるかと思います。特に技の動画については、全日本柔道連盟の強化選手の柔道技ですので、難度も見て研究したほうがいいですよ。他にも、柔道チャンネルでは、インターハイや全日本学生、全日本ジュニア、講道館杯などの大会や試合についての結果も掲載されています。また、整骨院や柔道整復師の情報もあるので、柔道に関する情報を網羅しているのが柔道チャンネルと言っても過言ではないかもしれません。柔道技解説や柔道用語事典もあるので、柔道初心者には見てもらいたいサイトなのです。最近では、柔道家インタビューとして、山岸絵美や田知本遥、田代未来、芳田司などの記事が掲載されています。モチベーションアップのために読んでおくことをお勧めします。よかったら、柔道チャンネルを利用してみてくださいね。きっと、柔道がもっと好きになると思います。

柔道一直線とは?

柔道家の弘隆と申します。以前から、柔道に関連するブログを書いてみたかったので、この機会に始めてみることにしました。単に気まぐれと言われればそれまでですがね。僕は柔道初心者というわけではありませんが、大人になってから柔道を始めたので、柔道家としては、それほどキャリアがあるわけではないです。柔道についての知識を整理したいというのと、柔道の普及という目的のため、ブログで情報発信していこうと考えたわけです。ブログの更新はそこそこにして、もっと練習を積んで技を磨き、試合で勝ちたいですね。それが本音です。いまは、週末に道場で練習してますが、自宅でもできる稽古法を研究しています。自宅での組み手は難しいかもしれませんが、柔道に必要な筋肉を鍛えるための筋トレや体力アップのトレーニング法はありますからね。他人に柔道の上達法を伝えられるレベルではないので、あくまで知識の整理や稽古の記録がブログの内容になると思います。ちなみに、ブログタイトルの柔道一直線というのは、昔に連載されていた柔道の漫画です。柔道のマンガといえば、ヤワラちゃんの元になったYAWARA!が有名ですね。ですが、柔道一直線はもっと昔のマンガです。分かる人は少ないかもしれません。いまでは、柔道一直線のDVDがあるみたいですね。正直言うと、僕は柔道一直線を見たことがありません。興味があったらレンタルで見てください。